「建売」カテゴリーアーカイブ

気軽に読みたい!ライト文芸のススメ

「なにか本が読みたいなぁ」と思っても、重厚なファンタジーや、緻密なミステリーを熟読するほどの気力はない……。
そんなあなたにオススメなのが、ライト文芸です。

「ライト文芸」の明確な定義は様々なところで論じられていますが、基本的には

・文庫であること
・キャラクターに焦点を当てていること(写真やデザインではなく、イラストを使った表紙が多い)
・20代以上の大人をターゲットとしていること

などが特長として挙げられます。

ライト文芸の元祖として、よく挙げられるのは「メディアワークス文庫」で、これはライトノベルの人気レーベル「電撃文庫」の兄弟レーベルとして創立されたようです。

「メディアワークス文庫」では、『0能者ミナト』など特殊な力を持った探偵役が事件を解決するライトミステリーや、『神様の御用人』など、“あやかし”をテーマとした、ほっこり人情ものなど、多くの人気シリーズが刊行されています。

ハイクオリティーでローコスト
要望に合わせた物件を親身になって相談し導いてくれます。
建売を横浜でお探しならココが便利
多くの実績より蓄積されたノウハウでサポート。

現在、ライト文芸のレーベルは増え、様々な作品が刊行されています。
恋愛要素が入っていたり、頑張る女性を描くような作品が多いのが『集英社オレンジ文庫』や『富士見L文庫』、やや硬派な作品が多いのが『講談社タイガ』『新潮社nex』などです。

いずれも、一般文芸作品よりも手に取りやすく、エンターテイメント性も高いものが多いです。
最近は読書から手が離れているというかたも、ぜひライト文芸を読んでみては?