春場所、いったいどうなるのでしょうか?

大相撲春場所がいよいよ来週日曜日から始まります。
そこで気になるのが3横綱が初日から全員不在の可能性があるということです。

以前から稀勢の里関は左胸の完治がしないまま出場・途中休場を繰り返していて怪我は思わしくないことは予想されていました。
予想通り、春場所は休場することが決定しましたが、残る白鵬関と鶴竜関もそれぞれに怪我を抱えていて休場の可能性もあるというのです。

在宅医療 埼玉県

白鵬関は途中休場した初場所で痛めた足の指の状態が万全ではないようで、稽古をしない日が続いているということ。
足の踏ん張りがきかないというのは想像しただけで辛いことです。

鶴竜関は初場所は千秋楽まで出場していましたが、終盤に土俵から落ちた時に指を痛めていました。その指が完治しておらずまわしを十分に取れないような状態だそうです。
2人とも出場するかどうかはっきりと明言されていませんが、もし3横綱とも休場となると目玉でもある土俵入りもなく寂しい春場所となりそうです。

3横綱とも最近は怪我が多く、年齢も重ねていることから今年はもしかしたら世代交代が一気に進む年となるかもしれません。
春場所はいったい誰が優勝するのか最後まで分からない展開となりそうな予感がします。